FC2ブログ

「女王様と私」歌野晶午

女王様と私

***

さえないオタクの真藤数馬は、無職でもちろん独身。
でも、「ひきこもり」てやつじゃない。
週一でビデオ屋にも行くし、
秋葉原にも月一で出かけている。

今日も可愛い妹と楽しいデートのはずだった。
あの「女王様」に出会うまでは・・・。

数馬にとって、彼女との出会いが、
めくるめく悪夢の第一歩だったのだ。

全く先が読めない展開。
個性的で謎めいた登場人物。
戦慄的リータビリティが脳を刺激する、
未曽有の衝撃サスペンス。

***

現実なのか?妄想なのか?
今時、ひきこもりの兄を慕うような、
可愛い妹なんているはずない!と思ったら。
どうやらフィギュアらしい?
最初から、なにかちょっと
変な話だと思っていたけど・・。

ロリコン中年男と、気の強い小6生女の子とのデート、
身も蓋もないような暴力的な会話、
不自然な関係は、正直、気持ちが悪いかったです。

我儘な女王様にもオタクの数馬にも、
全然魅力を感じなかったけど
仕組まれた殺人事件に巻き込まれ、
どんどん追い詰められていくという
考えられないようなストーリーの展開には
サスペンスのスリルを楽しめました。

この人の作品では、「葉桜の季節に・・・」でもそうだったけど、
現実的な設定は関係なく
読者の当然の思い込みをひっくり返すような
トリックが仕組まれているから、
油断がなりません。

妄想の世界の中に悪夢のように
人格が壊れていく様をみる不健康な面白さかな?
あまり後味の良くない作品でした。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

mm5628n285

Author:mm5628n285
完熟とまとです。
読書が趣味の主婦でございます。
Yahooブログでしこしこ描き続けた9年分の読書ブログ、ようやくこちらに引っ越し完了しました!
よろしくお願いいたします。

カテゴリ