FC2ブログ
お知らせ
完熟とまとの読書日記へようこそ!
完熟とまとです。
読書が趣味の主婦でございます。
Yahooブログでしこしこ描き続けた9年分の読書ブログ、ようやくこちらに引っ越し完了しました!
よろしくお願いいたします。
  • 「私たちの星で」梨木香歩、師岡カリーマ・エルサムニー ***ムスリムのタクシー運転手や厳格な父を持つユダヤ人作家との出会い、カンボジア遺跡を「守る」異形の樹々、かつての正教会かつてのの建物だったトルコのモスク、アラビア語で語り掛ける富士山、南九州に息づく古語や大陸との交流の名残…。端正な作品で知られる作家と多文化を生きる類い稀なる文筆家との邂逅から生まれた、人間の原点に迫る対話。世界への絶えざる関心をペンにして、綴られ、交わされた20通の書簡。内容(... 続きを読む
  • 「あちらにいる鬼」 井上荒野 ***人気作家の長内みはるは、講演旅行をきっかけに戦後派を代表する作家・白木篤郎と男女の関係になる。一方、白木の妻である笙子は、夫の手当たり次第とも言える言える女性との淫行を黙認、〈書くこと〉による繋がりを深めることで、かけがえのない存在をとなっていく。二人の間を行き来する白木だが、度を越した女性との交わりは止まることがない。白木=鬼を通じて響きあう二人は、どこにたどりつくのかー。小説家の父、美し... 続きを読む
  • 「とめどなく囁く」 桐野夏生 ***一番近くにいるのに、誰よりも遠い。海釣りに出掛けたまま、二度と帰らなかった夫。8年後、その姿が目撃される。そして、無言電話。夫は生きていたのか?塩崎早樹は、相模湾を望む超高級分譲地「母衣山庭園住宅」の瀟洒な邸宅で、歳の離れた資産家の夫と暮らす。前妻を突然の病気で、前夫を海難事故で、互いに配偶者を亡くした者同士の再婚生活には、悔恨と愛情が入り混じる。そんなある日、早樹の携帯が鳴った。もう縁遠く... 続きを読む
  • 「女王様と私」歌野晶午 ***さえないオタクの真藤数馬は、無職でもちろん独身。でも、「ひきこもり」てやつじゃない。週一でビデオ屋にも行くし、秋葉原にも月一で出かけている。今日も可愛い妹と楽しいデートのはずだった。あの「女王様」に出会うまでは・・・。数馬にとって、彼女との出会いが、めくるめく悪夢の第一歩だったのだ。全く先が読めない展開。個性的で謎めいた登場人物。戦慄的リータビリティが脳を刺激する、未曽有の衝撃サスペンス。*... 続きを読む
  • 「冬のオペラ」北村薫 ***名探偵はなるのではない、存在であり意志であるーーーーー勤め先の二階にある「名探偵・巫(かんなぎ)弓彦」の事務所。わたし、姫宮あゆみが見かける巫は、ビアガーデンのボーイをしながら、コンビニエンス・ストアで働き、新聞配達をしていた。名探偵といえども、事件がないときは、働かなければ、食べていけないらしい。そんな彼の記録者に志願したわたしだったが・・・。真実が見えてしまう名探偵、巫(かんなぎ)弓彦と... 続きを読む
  • 「そしてバトンは渡された」 瀬尾まいこ ***「私には父親が三人、母親が二人いる。家族の形態は、17年で7回も変わった。でも、全然不幸ではないのだ。」血のつながらない親の間をリレーされ、四回も名字が変わった、森宮優子。17才。だが、彼女はいつも愛されていた。身近な人が愛おしくなる、著者会心の感動作。***名字が4回も変わる経験は滅多に出来るものではありませんね。一体どんな複雑な事情があったのか?その興味で読み進んでいきました。大きく2章に... 続きを読む

プロフィール

mm5628n285

Author:mm5628n285
完熟とまとです。
読書が趣味の主婦でございます。
Yahooブログでしこしこ描き続けた9年分の読書ブログ、ようやくこちらに引っ越し完了しました!
よろしくお願いいたします。

カテゴリ